タイトルロゴ改訂版

最終更新:2016/09/06

現在のロゴを拡大して改めて眺めていたら、当時は技術的に拙かったこともあってあちこち角がはみ出してたり、色彩がいまいちなのが気になってきた。そこで、Inkscape(0.48.1)を使ってSVG形式で作り直してみた。

Inkscapeはフリーライセンスのソフトウェアながら、座標の指定が厳密にできたり、マウスなどのポインティングデバイスでは指定しにくい細かいところはXMLエディタ編集機能で直接数値入力できるのが3DCG屋の私には性に合っている。CADのようなオブジェクトの整列機能も強化されて使いやすくなった。なお、現在安定版とされている0.48.4はGUIのライブラリに問題があるようで、メニューバーのフォントがおかしかったり、座標の指定に妙な挙動があってストレスがあるので、個人的には、0.48.1がおススメ。

以前のロゴは別のドローイング・ソフトウェアで作ったんだけど、古かったのもあって操作性が私には合わなかった(予備知識なしでいきなり作ったので、そもそも勉強不足だったっていう指摘は、まぁ、ごもっともなんだけど。細かいところを気にしていられるほどPCのパワーもなかった)。

VF_Logo_official_revised_compare

基本的なデザインは踏襲しているので、ほとんど自己満足の世界。

  • 前は縦の線と斜めの線の太さが同じになっていなかったので、三角関数を使って厳密に計算して太さを同じにしてみた。綺麗に揃ったようにも見えるし、太さに変化がなくて凡庸な感じになったような感じもする。サンセリフ(ゴシック体)風ってことで、これはこれでいいことにしよう。
  • 前はロゴの縁の処理が角張っていていかにも素人っぽかったので、角を少し丸めた。あまりやりすぎるとポップな感じになってしまうので、本当に「角を取った」くらい。「パス」ツール群にある「ダイナミックオフセット」機能はかなり使える。マウスでオフセット半径を大雑把に指定して、XMLエディタで丸め半径をキリのいい値に指定すれば綺麗に仕上がる。
  • 「VANGUARD FLIGHT」の語頭の「V」と「F」はもともと縦幅が大きかったけど、太さは他の字と同じで弱々しい感じがしたので太さを10%増しにした。あまり太くしすぎるとバランスが悪くなるので「測ってみたらわかるくらい」にしておいた。中学校の美術で習った、レタリングは「完全に太さや大きさを揃えてしまうと字によっては細く小さく見える」的なアレを思い出して参考にしてみた。
  • グラデーションがいまいちメタリックな感じになっていないので、もう一段深い色を追加した。全体が引き締まった。赤色の二つの「G」のグラデーションも見直して彩度を上げてみた。それから、下の行のグラデーションの位置がちゃんと中央になっていなかったので、中央にグラデーションの中心を揃えた。
  • 「R」のデザインがいまいちだったので見直してみたんだけど、やっぱりイマイチ。改善案が思いつかなかったので適当なところで妥協。「R」難しいよ、「R」。
  • 「Δ」はオマケ。ウェブサイトのトップページには採用しない予定。

LightWave用MMDモデルPMD形式ファイル・インポーター

最終更新:2016/09/06

MikuMikuDnace用モデルデータのPMD形式ファイルをLightWaveで読み込む方法。

まず、『Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ』(Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 Redistributable Package)が必要なので、マイクロソフトの次のページからダウンロードする。

パッケージの詳細についてはこちらを参照。

リストから「Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ」を選択するとダウンロードページに移動するので、システムによってダウンロードするファイルを選ぶ。Windows XPやVistaなどの32ビットシステムの場合はx86ベース(vcredist_x86.EXE)、Windows 7や8のような64ビットシステムの場合はx64ベース(vcredist_x64.EXE)を選択する。両方ともダウンロードしても特に問題なかった。EXEファイルを実行するとパッケージが自己解凍してインストールされる。

LightWaveのプラグインを多数作成しているfault0d氏のウェブサイト『Poly to Poly』からAS PMD Helperをダウンロードする。私はLightWave10を使っているのでバージョン0.121を選択。アーカイブファイルにはx64用のプラグインも同梱されている。

zipファイルを解凍して、AS_PMD_Helper.pファイルをLightWave用のプラグインが格納されているフォルダにコピーする。バージョンによってフォルダ構成は異なるのでLightWave 2015でも同じかどうかはわからないけど、LightWave 10では次のフォルダ。

C:\Program Files\NewTek\LightWave_10\support\plugins

モデラーを起動し、「ユーティリティ」タブを選択して「プラグイン追加」をクリック。

AS_PMD_Helper.pファイルを指定するとPMDインポーター/エクスポーターといくつかのPMDファイル作成補助プラグインが追加される。

AS_PMD_Helperに同梱されているドキュメントに従ってモデラー設定ファイル(lwm*.cfg ※「*」はLightWaveのバージョンごとに異なる)を更新しておくとPMD形式ファイルをLWOオブジェクトと同列に扱ってくれるようになる。設定ファイルはシステムドライブ(普通はCドライブ)の「ユーザー(Users)」フォルダの各ユーザーフォルダ以下「.NewTek」フォルダ内にあるので注意。

公開されているPMDファイルをダウンロードして試してみた。今回はシナモソさん作成のボーイング767-200をベースにdiagraph01さんが改造したE-767(diagraph01さんのページ)。テクスチャの再現性などなかなか優秀。個人的にはこれで充分満足。

ただ、細かいことを言えば、可動部分など分割されているパーツは一旦ひとつのレイヤーにまとめられてしまって名前がついてるだけで空っぽのレイヤーが大量にできる。また、スケルゴン(ボーン)もロードされるけどあくまでもMMD用に作られたデータなので、インポートした直後はLightWaveでのアニメーションの実用には堪えない(座標や必要なボーンの目安にはなる)。

MMDは日本発のソフトウェアなのでボーンやウェイトマップの名称にかな・漢字を使っていることが多く、改名しないと文字化けしてしまってスケルゴン・エディタなどの一部の機能で使いづらい。もっとも、LightWaveで2バイト文字や3バイト文字を使うのは昔から御法度なので、どっちかと言うとLightWave側の問題なんだけど。(そのへんAdobeの製品はローカライズが完璧なのでビックリする)

PMD形式ファイルを他のソフトウェアで変換することなくLightWaveで直接ロードできるだけでもありがたいと思ったほうが良さそう。

思っていたよりも調整するところがなかったので、単純にLWO形式で保存した後レイアウトに移してレンダリングしてみたのが次の画像。

E-767

関連記事


GIMP2.8のメニューバーのフォントの戻し方

最終更新:2016/09/30

以前に、Inkscape 0.48.2以降のメニューがWindowsの設定値に従ってくれず、明朝体風のフォントになってしまうので、Inkscapeのメニューバーのフォントの戻し方という記事を書いた。

GIMP2.8.10より古いバージョン

最近、GIMPもバージョンアップして2.8になっていたので、アップデートしてみたところ、Inkscapeとまったく同じ問題が発生した。どうも、中国語のフォントが選択されているらしいんだけど、クロスプラットフォーム用のフリーライセンス・ライブラリを使用して開発しているソフトウェアではほぼ共通の問題があるらしい。

しかも、設定の変更の仕方が異なるという不親切さ(笑)。

次のgtkrcファイルをテキストエディタなどで開く。

C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\themes\Default\gtkrc
style "gimp-default-style"
{
  stock["gtk-dialog-error"] =
    {
      { "images/stock-error-64.png", *, *, "gtk-dialog" }
    }
(略)
}

上記の部分に、次のように1行追加する。

style "gimp-default-style"
{
  font_name = "Meiryo 9"
  stock["gtk-dialog-error"] =
    {
      { "images/stock-error-64.png", *, *, "gtk-dialog" }
    }
(略)
}

とりあえず、「gtk-2.0」というモジュールと「gtkrc」という設定ファイルが深く関与していることは両者に共通していたので、次にこういうことがあったらまずそこを疑えばいいということだね。

GIMP2.8.16/18

実際に試すことができたのがGIMP2.8.16とGIMP2.8.18だけだったのでこれら2つのブランチについてはほぼ確実だと思うけど、他のウェブサイトを見る限りでは、GIMP2.8.10以降であればおそらく以下の方法でメニューバーのフォントを変更できる。

最近のGIMP2.8ブランチでは変更方法が変わった。PCのユーザーごとに設定ファイルが独立したため、カスタマイズしやすくなった。次のパスにファイルが存在していれば、gtkrcファイルを開く。存在していない場合は、新規作成する。普通のテキスト・ファイルでいい。

C:\Users\[USER NAME]\.gimp-2.8\gtkrc

次の一節をgtkrcファイルの末尾に追加するか、新規作成したファイルの先頭に記述する。

style "gimp-default-style"
{
  font_name = "Meiryo 9" 
}

GIMP2.8がこのファイルを参照しているとする根拠は、次のパスにあるthemercというテーマ設定ファイルで上のgtkrcファイルをインクルードしているから。

C:\Users\[USER NAME]\.gimp-2.8\themerc

themercファイルには次のように記述されている。

# GIMP themerc
#
# This file is written on GIMP startup and on every theme change.
# It is NOT supposed to be edited manually. Edit your personal
# gtkrc file instead (C:\Users\Taku Oshino\.gimp-2.8\gtkrc).

include "C:\\Program Files\\GIMP 2\\share\\gimp\\2.0\\themes\\Default\\gtkrc"
include "C:\\Users\\[USER NAME]\\.gimp-2.8\\gtkrc"

# end of themerc

もし、インクルードしているファイルが異なる場合は、themercに記述されているパスをよく見て新規gtkrcファイルを作成する。

参考記事


Inkscapeのメニューバーのフォントの戻し方

最終更新:2016/09/06

だいぶ前に、Inkscapeをバージョン0.48.2にアップデートしたらメニューバーのフォントが突然明朝体風になってしまって気持ち悪かったんだけど、戻し方がわからなくて困ってた。コンフィギュレーション系のファイルを開いてみてもどこをいじればいいのかサッパリ。

手に負えそうにないので、ネットで調べてみた。要約すると次のようにコードを少し編集する。

次のgtkrcファイルをテキストエディタなどで開く。

C:\Program Files (x86)\Inkscape\etc\gtk-2.0\gtkrc

gtkrcファイルの末尾に次の2行を追加する。

# UI font
gtk-font-name = "sans 10"

次のpango.aliasesファイルをテキストエディタなどで開く。

C:\Program Files (x86)\Inkscape\etc\pango\pango.aliases

pango.aliasesファイルの「sans」行の「arial,」の直後に「meiryo,」を追加する。

tahoma = "tahoma,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"
<span style="background-color: lemonchiffon; padding: 3px;">sans = "arial,browallia new,mingliu,simhei,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"</span>
serif = "times new roman,angsana new,mingliu,simsun,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"
mono = "courier new,courier monothai,mingliu,simsun,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"
monospace = "courier new,courier monothai,mingliu,simsun,gulimche,ms gothic,kartika,latha,mangal,raavi"

これはクロスプラットフォームのソフトウェア開発の素人にはわからないね。世の中にはすごい人がいるものだね。感謝感謝。

いつの間にかバージョン0.48.4が安定版になっていたけど、せっかくメニューバーが直ったことだし、アップデートはまた今度にしよう。(0.48.4はGUIに座標や各種数値を入力できない不具合があるので、バグフィックスされるまでは0.48.1以下が無難。)

gtkrcに次のコードを直接書いてやってもいけそうな気もするけど、今は0.48.1に落として使っているので試してみてはいない。

gtk-font-name = "Meiryo 10"

参考記事


WordPressを自分のパソコンで動作させる for Windows

最終更新:2017/01/13

無料のブログサービスを卒業してWordPress公式ウェブサイト)を試してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、WordPressはPHPというプログラム言語(今風に言うとスクリプト系の言語)で開発されているので、普通はPHPをインタープリタ風にリアルタイムで解釈して実行してくれるサーバーを用意しなければなりません。また、データベース・ドリブンなので、データベース制御をしてくれるモジュールも必要です。
今までにも、Windowsでできなくはなかったのですが、Windows用のApache(又は IIS)、PHP、MySQLをインストールして適切に設定しなければならず、サーバー構築と同じくらい専門知識が必要でした。

サーバーをすでに用意してあって、サーバー提供サービスがあらかじめPHPやMySQLを使える環境を用意してくれていたとしても、テストのためにいちいちFTP転送してからブラウザで確認するのは少々面倒です。

そこで、専門知識がまったくなくても、FTP転送をしなくても、誰でも簡単にWordPressをローカルコンピュータで試せる方法を紹介します。
将来的にレンタルサーバーを借りようと思ってはいるけど、サーバーをうまく管理できなかったらどうしよう、WordPressが思ったより使いにくかったらどうしよう、と心配な人はどうぞお試しあれ。

  1. まず、マイクロソフト社の「Microsoft/web」サイトから「WebMatrix3」をダウンロードしてインストールします。今のところは無料です。
  2. 起動したら、「アプリギャラリー」を選択します。アプリケーション一覧が表示されたら、おそらく左上トップに表示されている「WordPress」を選択します。
  3. あとは画面の指示に従っていけば、WordPress本体をダウンロードしてインストールするとともに、自動的にPHPとMySQLをインストールしてデータベースを構築してくれます。
    データベース名、ユーザー名、初期パスワードなどをWebMatrixが決めてくれますが、記録しておかなくても使うことはないので気にしなくてよいです。気になる人は「コピーする」というリンクをクリックするとクリップボードに乗りますので、テキストエディタなどにペーストして保存してください。
  4. しばらくするとWebMatrixのホーム画面が起動して、自分がいつも使っている(標準に設定している)ブラウザへ自動的にWordPressがローカルホストのまま表示されます。
    基本設定入力画面になりますが、ローカルでテストしているだけなので、適当でいいです。後でも変更できます。最初は英語で面食らうかもしれませんが、難しくないので辞書を引いてでもなんとか入力してください。
    設定が終わるとログイン画面が出るので、自分で決めたユーザー名とパスワードでログインすると、WordPressの管理画面が表示されます。

wordpress_en

英語のままでいい人はこれで終わりですが、「WP Multibyte Patch」プラグインをアクティベートしておかないとマルチバイト文字(日本語の文字や記号はほとんどマルチバイト文字)の表示に支障が出ることがあります。

以下、日本語化手順です。

  1. いったん、WebMatrixの「ファイル」-「サイトを閉じる」で閉じてから、WordPress.org日本語版から日本語版をダウンロードして解凍します。この記事を書いている時点でのバージョンは3.5.1です。日本語用に若干チューニングされているようです。
  2. 先ほど作成したWordPressは、次のローカルフォルダに入っています。WebMatrixのホーム画面の「パス:」にも表示されていますので、参考にしてください。
    C:\User\(user name)\Documents\My Web Sites\WordPress

    このフォルダ以下にあるファイルを解凍した日本語版ファイルにすべて置き換えます。特に重要なのは「languages」フォルダです。ここに日本語化モジュールが入っています。

  3. 次に、WordPressフォルダ直下にあるwp-config.phpファイルをテキストエディタで開き、次の定義行を探します。“WPLANG”で検索すれば一発です。
    define ('WPLANG', '');

    これに、日本語(ja)を指定します。

    define ('WPLANG', 'ja');
  4. 再びWebMatrixから「ファイル」-「開く」-「サイトとしてのフォルダー」を選択し、「WordPress」を選択します。すると、定型文の部分は日本語化されています。

wordpress_ja

また、「ファイル」-「新規」-「アプリケーションギャラリーからサイト」でいくらでも追加できます。日本語版と英語版を別に作っておいて、ネットからダウンロードしたテンプレートの反映具合などを見ると便利かもしれません。

ちなみに、私は試しにウィキペディアなどで使われている「MediaWiki」をインストールしてみましたが、あっさり起動しました。こちらは多言語化テンプレートデータを最初から搭載しているので、個人設定(Preferences・プリファレンス)から「ja – 日本語」を選択して保存するだけで日本語になります(メインページは本文なので英語のままですが)。

mediawiki_ja