レティシア・ラファラン

レティシア・フローレンス・ラファラン
Laetitia Florence Raffarin

Copyrights ©2013 Junka Morozumi (両角潤香).
性別 女性
年齢 22歳
身長 160 cm
出身地 西ヨーロッパ・フランス地区
職業・役職 GUSF第33戦闘攻撃飛行隊
第2飛行小隊2番機
ドラグーン5号機パイロット
階級 少尉
階級章
 
機体ナンバー

レティシア・フローレンス・ラファラン(Laetitia Florence Raffarin)は、創作SF『VANGUARD FLIGHT』の登場人物。

地球統合宇宙軍所属フォーマルハウト級攻撃空母「フォーマルハウト」搭載第33戦闘攻撃飛行隊、通称「ドラグーン中隊」隊員。

人物像

F/A-26A ドラグーン5号機専属パイロット。第33戦闘攻撃飛行隊第2飛行小隊2番機。

明るく前向きで、人の良い面を見ようとするため誰とも仲良くなれる。暗く重い雰囲気が嫌いなムードメーカーだが、その気質が勢い余って場の空気が読めないところもある。常識にとらわれない熱血タイプ。

治安維持を任務とする軍人という立場もあるため、犯罪や戦乱は極力抑止すべき好ましいものではないという観点においては法律や治安、規律は必要なものと理解してはいるものの、それらの上に自己の立場が立脚している事実を普段から強く意識しているというほどではない。規則の厳格な運用や適否については上官やその筋の専門家の判断に任せきりで、曲がりなりにも士官であるという自覚はあまり高いほうではない。しかしながら、逆にその常識にとらわれない柔軟さが上下関係で対立を生じがちな下士官兵との理解を深め、無用な確執や軋轢を生じさせない緩衝材として役立っている。

人情に厚く、他者の意志を積極的に尊重はするものの、組織よりも個人を優先しがちで、法律や規則に照らした場合にそれが適切であるかどうかまではあまり熟慮しない。他人のためになることは善いことと考え、それが自分の美点と考えているが、良かれと思ってとった行動に行き過ぎも少なくなく、周囲からは独善的に映ることもある。

ドラグーン中隊には新人も多く配属されたが、彼らを含めても操縦技量は下から数えたほうが早い。特に、繊細な制御を必要とする操縦技術が得意ではなく、速度重視の直線的な飛行を好む。一旦攻撃コースに乗ってしまうと、被弾したとしてもそう簡単には引き返そうとはしないため、戦闘機乗りと言うよりは攻撃機パイロットのような操縦スタイルだと見られ、なかば呆れられている。度胸は据わっているが、無傷で帰還することが滅多にないため周囲の肝を冷やすこともしばしば。派手な攻撃方法を好むため、ドラグーンに搭載されている装備の艦砲並みの火力に大いに期待しているが、反面、その機動力を十分に生かし切れていない。

仲間思いだが、感情のコントロールが下手で暴走気味。フォーマルハウトの出航を助けるために迎撃に出て音信不通になった第3艦隊の安否を気にして取り乱したり、反乱軍に無謀な攻撃を仕掛けようとしたりする。実戦経験もあるが、損害が軽微だったので若干認識が甘いところがある。実は涙もろく、かなりのロマンチストだが本人も柄ではないと思っていて表には出さない。

経歴

攻撃空母フォーマルハウト進宙に伴うドラグーン中隊編成と同時にラーニア・ローアス大尉とともに第3艦隊から転属してきた。ラーニアの数少ない理解者。

航空阻止を指示された作戦でも、とにかく敵を撃墜すればいい、といったように安直に命令を曲解してしまう面があり、先の西アジア内乱で挙げた戦績よりも命令違反ととられかねない行為が問題視され、ラーニア・ローアス大尉とほぼ同じ軍歴ではあるものの内乱鎮圧後の論功行賞において中尉への昇進は見送られている。その後も昇進試験を億劫がって忌避し続けているためにいまだに少尉に留まっている。

人間関係

ドラグーン中隊ではラーニア・ローアス大尉と第3艦隊配属時からの友人であり、西アジア内乱をともに戦った戦友。当時はともに新任の少尉であったため、お互いにファースト・ネームで呼び合う仲だった。

関連項目

2017/01/14