ルイーゼ・フライスラー

ルイーゼ・クリステル・フライスラー
Louise Christel Freisler

Copyrights ©2013 Junka Morozumi (両角潤香).
性別 女性
年齢 20歳
身長 162 cm
出身地 中央ヨーロッパ・スイス地区
職業・役職 GUSF第33戦闘攻撃飛行隊
第4飛行小隊3番機
ドラグーン12号機パイロット
階級 少尉
階級章
 
機体ナンバー

ルイーゼ・クリステル・フライスラー(Louise Christel Freisler)は、創作SF『VANGUARD FLIGHT』の登場人物。

地球統合宇宙軍所属フォーマルハウト級攻撃空母「フォーマルハウト」搭載第33戦闘攻撃飛行隊、通称「ドラグーン中隊」隊員。

人物像

F/A-26A ドラグーン12号機専属パイロット。攻撃空母フォーマルハウト進宙に伴うドラグーン中隊編成において配属された新人パイロット。第33戦闘攻撃飛行隊第4飛行小隊3番機。

天真爛漫で底抜けに明るく、状況に翻弄されず何でも受け容れてしまう懐深いところがある。楽観的で常に状況を良い方向にしか考えない。思考が読みづらく、何も考えていないように見えるが、実際思慮は深いほうではない。本人はいたって真面目なつもりだが努力が実を結ばず、不本意ではあるものの結果的に周囲には極めて不真面目に見える。本人にまったく自覚はないが、何事も天性の勘だけで乗り切る天才肌。

合格水準最低限のレベルで辛うじて進むことを許された戦闘航宙機操縦士養成課程では、あまりの出来の悪さに早々に脱落するものと思われていたが、周囲が驚くほどの忍耐力を発揮し、過酷な訓練にも耐えた。しかし、当人の努力の甲斐なく養成課程での成績は全候補生中で最下位だった。その上、現用のどのような機種のパイロットとしても適性に疑問符がついていた。そのため、養成課程修了後の進路が教官の悩みの種だった。ところがある日突然、ドラグーンの専任操縦士に選抜されたためだけで進路が決まり、念願のパイロットになれた奇跡とも呼べる強運の持ち主。教官ばかりでなく、全候補生の脳裏に疑問を焼き付けた伝説を残した。

法律や規則を遵守しない意図はまったくないが、同じ失敗を何度も繰り返すことが頻繁にあるため、パイロット以前に軍人としての適性に難ありと見られている。上官の命令には従わなければならないことは養成課程で叩き込まれたが、何故従わなければならないかといったことまでは理解が及んでいないため、少尉に任官された後も軽い口調で口答えしてしまうことも頻繁にある。何をもって善とし、何をもって悪とするかといった判断はしないため、気ままに行動しがちである。

資産家の娘であり、蝶よ花よと世間知らずに育てられた令嬢。実家で多数のOMDを使用人として雇っていたためOMDには抵抗がない。物心ついた頃から多くのOMDに囲まれて育ったため、そもそもOMDと人間との相違点に思慮を巡らしたことはないし、違いを見つけることに意義を見出していない。また、法的又は倫理的な意味でOMDを人間と見なせるかどうかという命題にはまったく関心がなく、人間と同じ方法で意思疎通ができるなら人間と同等の扱いをして何か問題があるのか、とさえ考えている。ドラグーンのメイン・コンピュータであるMARIONシステムとも口頭で意思疎通ができるため、それさえも人間と見なしている節がある。

操縦技量はドラグーン中隊員の中では間違いなく最低だが、持ち前の懐深さを発揮し、MARIONシステムの支援を得て高度な任務も比較的無難にこなしている。MARIONシステムに頼り切りという批判もないではないが、機体の潜在能力を積極的に活かしていると擁護する意見もある。

他人の色恋沙汰に関しては驚くほど勘が良い。

経歴

戦闘航宙機操縦士養成課程を最下位の成績で修了した。

本当に適性試験を通過できたのかと疑われるほどの出来の悪さで、ただの一度も最下位から浮上することはなかった。そのため、候補生の仲間からも馬鹿にされ、心ない言葉を投げかけられるなど孤独な候補生時代を過ごしたが、養成課程を修了さえすれば憧れのパイロットになれると信じ、人一倍の苦労を背負い込んで訓練に耐え抜いた。ドラグーンの専任操縦士に選ばれたことを修了式で発表された際には、それまで馬鹿にしていた多くの者に祝福されて送り出された。

人間関係

リリア・アイスナー少尉、ユーリ・ローゼフ少尉、ミュリエル・アンダーソン少尉、ベルンハルト・ヴァイス少尉とは戦闘航宙機操縦士養成課程の同期。

第4飛行小隊長のルドミラ・アーヴェン中尉とは相性が悪い。同小隊員であり、養成課程の同期でもあるミュリエル・アンダーソン少尉とは波長が合う。

実家で彼女の護衛兼教育係でもあったOMDのメイド、サイラには頭が上がらない。その恐怖は本能に刷り込まれたレベルのもので、サイラからの怒声が飛んでくると直立不動で震え上がるほどである。どんな強面の教官からの叱咤よりも効果的。

関連項目

2017/01/17