ベルンハルト・ヴァイス

ベルンハルト・ヴェルンヘア・ヴァイス
Bernhard Wernher Weiß

Copyrights ©2013 Junka Morozumi (両角潤香).
性別 男性
年齢 26歳
身長 182 cm
出身地 中央ヨーロッパ・ドイツ地区
職業・役職 GUSF第33戦闘攻撃飛行隊
第1飛行小隊4番機
ドラグーン13号機パイロット
階級 少尉
階級章
 
機体ナンバー

ベルンハルト・ヴェルンヘア・ヴァイス(Bernhard Wernher Weiß)は、創作SF『VANGUARD FLIGHT』の登場人物。

地球統合宇宙軍所属フォーマルハウト級攻撃空母「フォーマルハウト」搭載第33戦闘攻撃飛行隊、通称「ドラグーン中隊」隊員。

人物像

F/A-26A ドラグーン13号機専属パイロット。攻撃空母フォーマルハウト進宙に伴うドラグーン中隊編成において配属された新人パイロット。第33戦闘攻撃飛行隊第1飛行小隊4番機。

ドラグーン中隊唯一の男性パイロット。男家族で過ごしてきた上に、あまり女友達がいないせいか、女性に対する接し方があまり上手な方でなく、女性ばかりの中隊に配属されて本人は少なからず動揺している。さっぱりした性格で細かいことには拘らないが、仁義に厚く律儀で人付き合いは良い。愛想があまり良くなく、少々短気なのが玉に瑕。

中庸で、政治的な都合や大局的観点よりも身近な人物の立場を優先する傾向がある。公僕でもある軍人として組織の一員として働くことには疑問を感じていないが、政府や軍隊の高官から恩顧を被っているとは考えていない。そういったしがらみや模範といった価値観に左右されることなく、他者のために行動できる。結果として、時に自分の行動の制限となる規則を軽んじる傾向があり、仲間を慮った上での上官に対する口答えも散見される。

OMDについては入隊前の初等教育で通り一遍に学んだのみで、これまでの人生でOMDと接する機会がなかったため、深く考える機会がなかった。姿形は人間を区別がつかず、自ら思考し、行動できるにも関わらず誰かの財産であり所有物であるという点には違和感を覚えている。

操縦技量は高く、戦闘航宙機操縦士養成課程の候補生時代から一度も被撃墜判定を受けたことがない。近接格闘戦も高い水準でこなせるが、防御の一手段としての意味合いが強い。一方、武装の種類を問わず射撃技術に絶望的な問題があり、訓練相手を撃墜した経験もない。このことから、候補生時代は「逃げ足のヴェルナー」と呼ばれてからかわれていた。もともと空を飛びたいという動機で入隊したため、敵を撃破するための技術の習得には積極的ではなく、養成課程の教官からもその訓練姿勢に問題あり、とたびたび指摘されていた。目標を撃破、撃墜できないことには戦闘機パイロットとしての本義を果たせないため、養成課程での成績は芳しくなかった。戦術データリンクからの情報に惑わされて功を焦り、生還できないパイロットも珍しくないことから教官からは皮肉交じりに「長生きするぞ」と太鼓判を押されていた。新人パイロットからの入隊の道はないことは承知の上で、実戦のない「曲技飛行隊ならば推薦してもいい」という冗談も日常的だった。

経歴

戦闘航宙機操縦士養成課程は、中の上程度の成績で修了した。

元は家族経営のベーカリーの息子で、これといった特技もない。一時は就職した企業も辞め、不本意ながら家業を継ごうとしたものの、パイロットという職業と「空」に対する子供の頃からの憧れと、西アジア内乱で英雄的な戦績をあげたマーリオン・ボルン少佐に対する憧れにも似た尊敬が彼を平穏な暮らしから離れさせ、入隊の道を選ばせた。

人間関係

リリア・アイスナー少尉、ユーリ・ローゼフ少尉、ミュリエル・アンダーソン少尉、ルイーゼ・フライスラー少尉とは戦闘航宙機操縦士養成課程の同期。リリアとミュリエルとはドラグーン中隊配属前から面識があり、特にミュリエルとは遊び友達だった。

規則にうるさいルドミラ・アーヴェン中尉とは相性が悪く、些細なことから対立する。

関連項目

2017/01/15