ルドミラ・アーヴェン

ルドミラ・パヴロヴナ・アーヴェン
Ludmilla Pavlovna Aven

Copyrights ©2013 Junka Morozumi (両角潤香).
性別 女性
年齢 24歳
身長 180 cm
出身地 北アジア・ロシア地区
職業・役職 GUSF第33戦闘攻撃飛行隊
第4飛行小隊長
ドラグーン10号機パイロット
階級 中尉
階級章
 
機体ナンバー

ルドミラ・パヴロヴナ・アーヴェン(Ludmilla Pavlovna Aven)は、創作SF『VANGUARD FLIGHT』の登場人物。

地球統合宇宙軍所属フォーマルハウト級攻撃空母「フォーマルハウト」搭載第33戦闘攻撃飛行隊、通称「ドラグーン中隊」第4飛行小隊長。

人物像

F/A-26A ドラグーン10号機専属パイロット。第33戦闘攻撃飛行隊第4飛行小隊長。攻撃空母フォーマルハウト進宙に伴うドラグーン中隊編成において、第4飛行小隊長に任命された。

保守的な堅物の軍人を絵に描いたような人物。完璧主義者で、本質的に何事も頂点を目指すが、戦闘航宙機操縦士養成課程でも少尉任官後も自分より優秀な人物がいたため、自己の存在理由を追及する日々が続いている。精神的に不安定な面は否定できず、いつ癇癪を起こしてもおかしくない。性格や士官としての適性に難があり、パイロットとしての技量とキャリアの割には中尉に留まる。第4飛行小隊長に選任されたのも、ドラグーン中隊には新人が多く他に中尉以上の士官がいなかったためでもある。階級の昇進が伴わなかったため、本人も新米の教育係を押し付けられただけで、栄転とは思っていない。

己を律している部分を他人にも求めるため、彼女の主観で愚図で鈍間な人間を見ると我慢ができない。表でも裏でも努力しているが、なかなか実にならないので焦っている。他人に厳しく、自分にも厳しいので無理がたたっていずれ行き詰まることが周囲から見ても目に見えている。

法律や規則を遵守し、命令や約束を破るのを嫌うが、それらを利用して他者に言うことを聞かせ、自分に好ましい状況を作ろうとする傾向がある。規則には従うが、慈悲や思いやりから来る行いはしない。誰が傷ついているかに関係なく、自身の行動規範と組織の限界の範囲内でのみ行動する。組織の秩序、忠誠、伝統を重んじるが、個人の自由、尊厳、生命に対する関心が低い。彼女にとっては階級社会は快適であり、支配者であると同時に、忠実な奉仕者でもある。行動の善悪や道徳ではなく、人種、宗教、祖国、または社会的階級の違いをもって他を非難する。同様の性質を持つ組織においては個人の力の範囲を超えることがあるため、ある意味最も危険ではあるが、自己の身を守るために社会的階級の高い者からの命令に依存しているため、道徳的理由で自分の行いに反する命令が下された時、しばしば矛盾を生じ、不本意な行動を強いられる。

人間の姿をしてはいるが、本質的に明らかに人間でないOMDが法的にも社会倫理的にも人として許容されつつある昨今の社会情勢に我慢ならない想いを募らせている。事故に見せかけてルフィを殺そうとすることもあるほどのOMD排斥主義者。

パイロットとしては個人技は優秀だが、集団の作戦行動においては自分が危機に陥らない限り仲間を見捨てがちで、援護や救援をすすんで行おうとしない。そのため、連携に問題ありと見られており、評価が上がらない原因のひとつになっているが、本人は技量に劣る他者の存在が自分の評価に響いていることをむしろ理不尽に感じている。

燃えるような赤髪と赤い瞳が特徴。長身で威圧的な雰囲気を持つ。

経歴

攻撃空母フォーマルハウト進宙に伴うドラグーン中隊編成と同時にスペース・コロニー「アレリオン」方面飛行隊から転属してきた。

人間関係

第4飛行小隊の部下にあたるミュリエル・アンダーソン少尉とルイーゼ・フライスラー少尉とは相性が悪く、自由奔放な彼女らに手を焼いている。

関連項目

2017/01/14